VIO脱毛でハイジニーナスタイルにする場合のメリット・デメリット

VIO脱毛は、今日の美容脱毛ではもっとも成功しているメニューのひとつです。欧米ではこのアンダーヘアの脱毛に関して早くから一般化したものの、日本でどの程度普及するかは未知数でしたが、海外のセレブに始まって本邦の芸能人やアスリート等が進んで取り入れることによって、一般の女性にも急速に普及するようになってきました。またマーケティング戦略としても非常に成功しており、業者の宣伝活動のみならずユーザーが口コミ等でバックアップすることによって、AISASの法則にもかなう、希有な事例となりました。

 

VIO脱毛でハイジニーナスタイルにする場合のメリット・デメリット
ところでハイジニーナという名称があります。英語の「hygiene(清潔な・衛生的な)」の派生語であり、狭義ではアンダーヘアを全部、完全に脱毛してしまうことを指します。アンケート等によりますと、Vラインつまり下着姿を正面から見て下着の三角形の部分に隠れるあるいははみ出す部位のヘアは、面積を狭めて形をきれいに整えるようにするユーザーが多いとされます。一方海外ではむしろ完全に脱毛してしまうケースの方が多いと言われています。ちなみにIラインは女性外性器の両側の部位、Oラインは肛門周辺の部位のヘアを指し、日本でも海外でもこの二つの部位は完全に脱毛するのが一般的です。

 

さて日本人がハイジニーナスタイルで脱毛する場合のメリットとデメリットはどうなるでしょうか。

 

メリットに関しては、Vラインも含めてヘアを全く残さずに脱毛することになりますから、下着や水着等からのヘアのはみ出しの心配は以後無用になります。ハサミやカミソリ等で煩わしい手入れをした経験は多くの女性にあるはずですが、こうした問題から開放されるのであれば間違いなく大きなメリットです。またヘアが無いとツルツルした感じになりますので、汗ばんだとき等に不快な思いをすることも無くなるでしょう。

 

デメリットはどうでしょうか。もしあるとすれば、日本では温泉や銭湯という文化がありますので、たとえ同性からでも奇異の目で見られる、つまりヘアが全く無いのは不自然に受け止められるということでしょう。また親密なパートナーが保守的な考え方の人である場合、いくら手入れとは言えこうした部位にまで徹底することに違和感を感じる人がいるかもしれません。

 

しかしVIO脱毛・ハイジニーナスタイルは瞬く間に周知されることになりましたので、清潔感がある・衛生意識が高い、という見方も出てくることでしょう。つまり女子力が高いという評価になって、デメリットは今後ますます少なくなると考えられます。